本当に必要なオプションを吟味

ハーフユニットバスとは

浴槽や床、壁の下部分をユニットバスで作り、壁の上部分と天井を現場で作るお風呂のことをハーフユニットバスといいます。
2階に浴室を造る場合や、天井の高さが取れないときなどに向いていて、デザイン住宅やこだわりのある家でよく使われています。

メリットは、床や浴槽はユニットバスであるため防水性が備わっていながら、バスルームの上半分は好みの素材を選んで組み合わせることができることです。
ヒノキやタイルの壁、天窓などの設置や介護に適した配置にするなど機能性とこだわりの両面を追求できる浴槽です。

主流のユニットバスに比べると種類や商品が少なく、こだわりを実現しようとすると費用がかさむこともあるのがデメリットです。
工事もユニットバスより手間がかかる場合が多く、工期が最低1週間はかかってしまいます。
ハーフユニットバス専門の会社を探して、予算や工事期間などしっかりうちあわせをして進めましょう。

造作風呂とは

造作風呂とは、浴槽や洗い場を自由に設置する完全オーダーメイドの浴室です。
例えば、浴槽に木を、壁面や床にタイルを使い、外に出られるようにするなど予算や要望に応じて自由にアレンジできるのでお風呂にこだわりのある人にはぴったりです。

メリットは、広い選択肢の中から浴室の広さに合わせてサイズ、配置、デザインを自由に選べ、使う素材やオプションなども全部自分や家族の希望に合わせて一からこだわりの空間を造り出せることです。

デメリットは、価格が高いことや、選ぶ素材によって掃除がしにくく、メンテナンス性が悪いこと。
水漏れのリスクもユニットバスより高く、2階以上への設置は難しいです。
また、浴槽やシャワーなどのパーツはショールームで見られますが、全体像は基本的に図面とカタログでの打合せとなります。

どんな浴室になるかを想像しながら、言葉だけで伝えにくいときは写真などを用意して自分の想いを伝える工夫が必要です。


B!