お風呂の広さは他の部屋とのバランスを考慮して

お風呂はカタログなどで大きさや色の違いだけで簡単に選んでしまうこともありますが、使い続けることで「ここをこうすればよかった!」という後悔を感じやすい場所でもあるようです。
家族全員が使う場所ですし、1日の疲れを取るくつろぎの空間でもあるお風呂。
あなたの理想的なお風呂に近づけるために、知っておきたい、考えてみたいポイントをみていきましょう。

まず考えるべきことは、広さです。お風呂は広すぎると他の住宅スペースに影響し、狭すぎると使い込む中で不便を感じてしまいます。
自分の家にとって必要な、適切な広さをじっくり考えてみましょう。

オプションも、最近はいろいろ出てきています。
オプションを多く付けることを「こだわり」と呼ぶこともできそうですが、家族にとって本当に必要なオプションを見極めることこそ、本当のこだわりの空間を実現することではないでしょうか。

そしてなにより、長く使い続けるためには掃除の継続が必要です。
掃除のことをいうなんてなんだか現実的すぎて、夢の空間の実現には必要ないのでは?と思うひともいるでしょう。
でも選んだ浴槽、壁、床は掃除がしやすいかどうかはとても重要です。
掃除をすることで入って気持ちの良いお風呂を保てる訳ですから、譲れない条件です。

お風呂の種類も様々で、こだわりと予算に応じていろいろ選ぶことができます。
窓の必要性についても考えてみましょう。

こだわりのお風呂のある住宅づくりを成功させるために、ぜひ参考にしてください。